角栓が出来るメカニズム

イチゴのような感じで鼻によくできる黒い小さなポツポツは角栓と呼ばれるものです。毛穴の中で皮脂が固まるのが原因だと思っている人が多いですが、実は、皮脂の割合は30%で、70%は角質というタンパク質です。もともとは白いものですが、表面が酸化した場合には黒く見えることがあります。

料理01
皮脂とは、肌から水分が蒸発するのを防ぐ働きがある天然のクリームで、毛穴から分泌されるものです。ホルモンバランスが乱れたりすることで皮脂の分泌が多くなると毛穴が広がります。また、加齢によっても毛穴が広がり、その分、多くの皮脂が毛穴に蓄積されることになります。そこに古い角質や汚れが混じることで毛穴が塞がってしまうというわけです。

 
古い角質がたまるのは、肌の新陳代謝が悪くなるのが原因です。表皮の細胞は、表皮の底の方で生まれて、28日間かけて徐々に上の方にあがっていき、表面近くで角質を蓄えた角質細胞に変化し、最後は、垢となって剥がれ落ちます。この新陳代謝が悪いと、毛穴の角質がうまく剥がれずにたまっていくというわけです。

 
毛穴が塞がると、さらに皮脂や角質がたまるために、どんどんと栓が大きくなって毛穴が広がっていき、目立つようになります。